オフィス移転まるごとサービス > 移転プラン・スケジュール

移転プラン・スケジュール

移転予定日の3~6ヶ月前には、不動産・移転のパートナー探しを

オフィス移転は様々な準備や対応が必要となりますが、経験がない方には何から手を付ければよいか見えにくい部分が多いです。

各種ハウツー本や情報サイト等で概略のスケジュール等は紹介されていますが、実際に活用しようとしても個別の事情などが影響してうまくいかない場合も多いです。

また、最初に「オフィス移転の目的やプランを策定する」ことが紹介されていることも多いですが、実用的な目的・プランを策定するには移転に関する知識や経験が不可欠です。


そのためできる限り早い段階で、オフィス移転の専門家の協力を取り付けることが、トータルで見れば効率的です。当社では、100人未満の場合でも3か月前、100人以上の企業や特殊な事情がある場合には6か月前からお話を伺い、一緒になって準備を進めていくことをお勧めしています。

移転先オフィス探しより、移転スケジュールの策定の優先を

オフィス移転のToDoは細かく見ていけば大変な量になりますが、大きく分ければ以下の4つです。

  • 移転先オフィスの確保
  • 移転元の解約に関わる手続き
  • 移転先オフィスの構築
  • 移転に関する公官庁等への各種手続き

後者の2点は、準備にどの程度期間が必要となるかは各企業ごとに異なるため、特に移転予定日が決まっている場合は早めに作業項目を洗い出しスケジュールを策定しておくことで、移転先オフィスを決める最終ラインがいつか、等を明確にすることができます。

こうして早めに準備を進めることで、余裕を持った移転先オフィスの検討が行えるようになります。

移転スケジュールの策定・見積もりのご相談、承ります

移転先オフィスの構築は、順序立てて行うことで工期や費用を抑える事もできます。

例えば、内装工事と電気工事を適切に管理すると、壁や床の内装を一時撤去するなどの二度手間を避けることができます。

また、工期の見積もりも事情やご要望により大きく異なるため、スケジュール策定の段階から専門家の手を借りた方が円滑にオフィス移転を進めることが可能です。

ひこまるのオフィス移転まるごとサービスでは、移転先オフィスを決める前段階からのご協力も承っています。移転をご検討の際には、是非お早目にお声掛けください。

オフィス移転スケジュールテンプレート

オフィス移転ToDo・スケジュール表ダウンロード

オフィス移転スケジュールテンプレート

オフィス移転に必要なToDoの一覧と、それを一日毎にスケジュール表に落とした、編集可能なMicrosoft Office Excel 形式でダウンロードいただけます。

オフィス移転事例

東京都心を中心としたオフィス移転事情や、様々なパターンのオフィス移転の情報、トラブル回避のためのノウハウを解説しています。

⇒ 詳しくはこちら

オフィスデザイン・レイアウト ≫

オフィス移転のお問い合わせ