オフィス移転まるごとサービス > 電気・通信工事

電気・通信工事

既存設備の活用でコストダウン、システムトラブルを最小限に

オフィス移転時に不可欠な電気・通信工事ですが、最適なオフィス空間を実現するためには非常に専門的な知識や技術が必要です。

ひこまるのオフィス移転まるごとサービスは、電気・通信工事のANSが主体となって運営しているため、最大限の知識・ノウハウを持ってサポートいたします。

特にオフィス移転では、機材を丸ごと入れ替えてシステムを構築することが多く、コスト高や移転後のトラブルの原因になりやすいです。

トラブルを避けつつコストを抑えるため、既存設備を最大限活用した工事もご提案いたします。

特殊な工事、ご要望にも柔軟に対応

例えば、移転時も止められないサーバを移設したい、海外製の機器で特殊な電圧の電源が必要、など特殊なケースのオフィス移転にも電気工事やネットワークの専門家が対応いたします。


ISO27001 情報セキュリティ認定を取得しています

また、金融機関など高いセキュリティが要求されるオフィスにも対応いたします。

セキュリティの専門家を交え、セキュリティカメラ・入退室管理システムの選定・導入から、レイアウト段階でのセキュリティレベルによるゾーニングまで、お客様のご要望に応じたセキュリティの実現に貢献いたします。

移転を機に電気まわりから省エネの賢い見直しを

電気配線はカーペットや壁、天井の裏側といった目につかない部分に設置することが多くあります。

後でやり直しがあると大変な作業となるため、そこをいかに安全で丁寧な作業にするか、入念に調査し作成した図面をもとに工事を行うことが重要です。

それと同時に、オフィス移転は日々使う電気機器を見直す絶好のチャンスになるため、照明器具を蛍光灯からLEDに替えたり、空調関係の省エネシステム「ディマンドコントローラー」を取り入れるところも出てきています。これは空調機のコンプレッサーの動作時間、停止時間を設定して、電気料金を確実に低減するものです。

ひこまるのオフィス移転まるごとサービスでは、他にも省エネ関連のご相談には出来る限り対応をしています。

オフィス移転事例

東京都心を中心としたオフィス移転事情や、様々なパターンのオフィス移転の情報、トラブル回避のためのノウハウを解説しています。

⇒ 詳しくはこちら

≪オフィスデザイン・レイアウト運搬・廃棄・原状回復 ≫

オフィス移転のお問い合わせ